高カロリー料理「酢豚」をカラーラでカロリー大幅カット

ヘルシーで美味しい晩ご飯を作れたのでレシピをご紹介します。

今回はノンフライヤー「カラーラ」で酢豚に挑戦してみました!

 

 

いつもは私、ノンフライヤーを「鶏のから揚げ」や「フライドポテト」ばかりに活用しています。

でもたまには違うものも作ってレパートリーを広げたい・・・ということで考えてみました。

 

どうせ作るならこんなものがいいですよね!

・手作りすると手間がかかるもの

・チルドやお惣菜でよく買うけど、油っぽいのがニガテだなーってもの

・自分や家族が好きな料理

・スーパーでうろうろして食材を見て回った結果・・・

→「これは酢豚しかない」!!という結論に達しました

※美味しそうなブランド豚のモモブロック肉が半額(約90円/100g)になってたのです♪

 

一般的に、酢豚って肉や野菜を素揚げして、油で炒めて、味付けをする。。。という作り方をします。

でも、「揚げる」がゆえに酢豚ってけっこう高カロリーなんですよね。

そして準備も後片付けも手間がかかるし、時間もかかります。

 

なので、今回は

肉を油で揚げません!野菜も素揚げしません!

カロリーも大幅カット間違いなしです(^^)

時短になるし、ノンフライヤー持ってる方はすごくおすすめですよ。

 

 

★カラーラde簡単ノンフライ酢豚★

材料

・豚モモブロック肉 約400g

・玉ねぎ 2玉

・ピーマン 4つ

・人参 1本

※ピーマンと人参はあらかじめ茹でておく ←時短&カロリーダウンのポイント♪

・ごま油

 

肉の味付け

・しょうゆ 小さじ2~3

・酒 小さじ1~2

・しょうが汁 適量 ←面倒だったらチューブ入りのしょうがを1~2cmお好みで

・片栗粉 適量(豚肉がうすく衣をまとう程度)

 

最後の味付け

・砂糖 大さじ3

・しょうゆ 大さじ2

・酢 大さじ2

・ケチャップ 大さじ1

・片栗粉 大さじ1

 

【1】まずは、豚モモブロック肉を、一口大の大きさに切ります。

それをしょうゆ&しょうが汁&酒の入ったボールに入れて軽く混ぜてなじませます。

subuta

【2】全体的に味がなじんだなーと思ったら片栗粉を適当に入れて、肉がほんのり片栗粉をまとうようにします。

subuta (2)

 

 

【3】ノンフライヤー(カラーラ)に入れて、180度で15~18分ほどチン!

(↑余熱無しの場合です。時間は「一口大」の大きさ次第なので、念のため火が通っているか確認してくださいね。)

subuta (3)

 

【4】さて、肉をノンフライしている間に、野菜を炒めます。

ゴマ油をひいたフライパン(鍋)の中に一口大に切った玉ねぎを入れて強火で炒めます。

サッと火を通したら後はフタをして弱火でじっくり火を通します。

subuta (4)

 

【5】玉ねぎが大体火が通ってきたなーと思ったら、人参とピーマンを足して中火で炒めます。

※人参とピーマンは一口大に切っておき、あらかじめ軽く茹でて火を通しておくと時短できますよ。

↑茹で汁はとっておいて、みそ汁に利用すると栄養満点&美味しいです♪

subuta (5) subuta (6)

 

 

 

【6】そうこうしているとノンフライ唐揚げ(肉)が完成♪これを炒めた野菜の中にいれて強火で炒めます。

subuta (7)  subuta (8)

 

 

【7】最後は味付けです。

調味料を混ぜ合わせたものを鍋に入れて、弱~中火で和えるだけ!!    完成です♪

subuta (9)  subuta (10)

 

面倒な揚げ物は「カラーラ」にお任せ(食材入れてタイマーセットするだけ)で楽!

野菜も茹でて炒めて最後に調味料を和えるだけ!ということで超簡単&ヘルシーに仕上がりました♪

 

これならまた気軽に作れそうです。

味も、「チルド食品やスーパーのお惣菜より美味しい!?」なんて思っちゃうぐらい大満足&家族からも大好評でしたよ♪

後片付けが楽々だったのも良かったです。(カラーラはほとんど汚れず&炒めた鍋やボールを洗うぐらいでOKでした。)

 

 

ノンフライヤー、料理の下準備にも大活躍ですね。

カラーラのおかげで料理のレパートリーが広がって嬉しいです(^_^)/

ぜひお試しくださいね。

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>